残暑の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申しあげます。
 また、例年ツール・ド・いわきの開催にあたりまして御理解と御協力を賜り厚く御礼
申し上げます。

 今年も11月に「ツール・ド・いわき2020」の開催予定していたところですが、ご承知の通り、
新型コロナウイルスの感染拡大が継続しており、今後の終息の見通しも立っていないことから、
実行委員会での協議の結果、今年度大会は誠に残念ではございますが中止とすることとなりました。
 中止の判断に至った理由は、5月15日には「福島県緊急事態措置」の解除による外出の自粛、
施設の使用期限、イベントの開催自粛が緩和されましたが、感染拡大の終息には、依然として
油断を許さない事態が続いております。

 従いまして大勢の参加者がある本大会においては、参加者をはじめ、大会を支えていただいて
おります多くのスタッフやボランティアの皆様、大会に関わるすべての関係者の方々の感染の
事前防止も踏まえ、本来の姿で実施することが困難だと結論に至ったためです。
 本来今年で7回目を迎えるツール・ド・いわきは、東日本大震災から復興していく、
いわき市の姿の参加者の皆様に感じて頂きたい思いが開催の始まりです。
市内、県内はもとより全国各地から1,100名の自転車愛好家の皆様にお越し頂き、
“いわきの今”を感じて頂いている大会と考えると、この中止は残念でなりません。

 これまで多くの方々に親しまれてきたイベントの中止は誠に残念ではございますが、
このような状況を何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 次回に開催に向け、より良い大会にするための準備期間と捉え、実行委員会が一丸となり
努力して参りますので、引き続き変わらぬご支援、お力添えをよろしくお願い申し上げます。
                              
                                      令和2年8月26日
                             ツール・ド・いわき大会実行委員会